新宿 整体 高田馬場駅から徒歩2分 腰痛/骨盤矯正/顔面矯正

03-3205-9042

不眠

布団に入っても寝付けない。寝るまでに2時間はかかる。

布団の中で悶々とするのは辛いですよね。いっそ起きて掃除でもしようかと思っても到底からだが動きそうもない。本でも読もうかと思ってもだるい。唯一出来るのが、テレビを見るか、スマホを見る。そうすると目に入る発光のために頭がギンギンしてきて更に眠れない。 眠るための儀式が必要です。 からだは後頭骨が下がって、背中側の筋肉がかたーくなっています。背中の軽いストレッチを心がければいいのですが、恒常的に改善をさせるためには、頚椎,後頭骨のゆがみを整え、間を広げていきながら、背中側の筋肉をしっかり緩めます。ぐっすり眠れますよ。

夜中の決まった時間に目が覚めてそれから眠れなくなる

人のからだには内臓時間があるのですよ。夜中の2時は肝の経絡が興奮します。4時は肺、6時は大腸。この臓器にまつわる経絡が興奮すると眼が覚めてしまいます。 からだのバランスが整っていないのですね。特に内臓が問題。 夜もしっかり眠れるようになるには、からだ全体を一つと思ってバランスを整える身体均整法をおすすめします。2週に一度3回ぐらいの調整をめどにするとかなりお楽になります。

何度も目が覚めてほどんど寝た気がしない。

交感神経が興奮しすぎてしすぎて、、肝臓の興奮、脾臓の興奮。内臓器が興奮しすぎていることになります。 からだ全体を見直し、交感神経を緩めていく手段を取っていきます。 疲れ目を中心に後頭骨を丁寧に整え緩めて行きます。

アピア均整院から一言

不眠はふえています。環境が悪いですよね。お薬も良いのがありますが、慢性的なものですから自力で治したい。ご自身のからだをととのえてご自分のちからでなおしたいものですね。